外壁塗装で外壁の維持と美観を保ち、資産価値を高めよう

サイトマップ

建ち並んだ家

外壁塗装で建物を維持し資産価値を高める

一軒家

外壁塗装、上尾市に新築で建てた住宅も、夏場の暑い紫外線や冬の寒気、雨ざらし(酸性雨)台風の暴風など長期にさらされ外壁の素材は少しずつ経年劣化します。塗装の剥げや外壁のヒビ割れ、屋根の破損なども少なくありません。住宅の外壁材は建物の寿命を守る重要な建材になり、耐久性、耐火性、耐水性など求められます。外壁材はモルタル、セメント、タイル、ALCなど(ヨーロッパから日本へセメント、生石灰 、アルミ粉末など)、近年の高層ビルなどALC素材でパワーボードと呼ばれています。サイディン(ボード)は、集合住宅なども多く、合理性と耐久性を持ち施工性が高いことから建材に使われています。
外壁塗装は新築から10年くらいが目安となっています。外壁を塗り替えることで外壁の維持と美観を保てるのです。たまに街へ出かけると一般のビルで外壁の清掃など、やっています。長年の酸性雨と排気ガスの埃付着、変色、劣化など街のビルも例外ではありません、建物の維持は必須です。新築から10年目の外壁塗装で維持することにより、補強をし劣化を防いでくれ屋根の雨漏り対策の準備にもなります。常に補強をすることにより安心できます。
外壁塗装で注意する事、失敗しない施工とは、外壁の塗装は安くはありませんが、あまりコストを下げた値段だと手抜き作業になる等もあり、手抜き低コストは注意です。
口約束厳禁、契約書も確認、外壁塗装ご保障期間の定めなど確認します。

マンションの外壁塗装の理由と実施時期

マンションの外壁塗装は、10~15年に1回行った方がいいとされています。それは美観の問題もありますが、漏水や錆等から建物を守り長持ちさせる為に欠かせない工程だからです。
築年数の浅いマンションはまだ心配はいらないと思いますが、20年以上の築年数の場合は専門家に診断してもらう事をお勧めします。素人目には特別見えない事でも専門的な診断をしてもらう事で、意外な事実が発見されるものです。
鉄筋コンクリートの建築物がそう簡単に漏水、錆と思われるかも知れませんが、地震や重量物積載のトラック等の振動でコンクリートにひび割れが生じたり、部分的に歪んで鉄部分が露出したりと意外と問題が生じているものです。ひび割れの場合はそこから雨水が浸透して住戸への水漏れが生じたり、鉄部分が露出するとその部分が錆て耐性が弱くなったりする場合があります。そうなってからでは外壁塗装だけでは済まないので、是非診断する事をお勧めします。
それと外壁塗装をする時期は規模により工期の長短がありますが、梅雨入り前の春、夏が終わった後から初冬ぐらいまでが最も望ましい時期と言えます。梅雨の期間は雨天の日が多く塗装作業がはかどらないのと、夏は窓を閉め切っての作業が続くのにエアコンが使えないとか、冬は気温が低く塗装が乾燥しにくいと言った理由からです。
いかがでしたでしょうか、マンションの外壁塗装は役員さんが大変ですがどうぞ頑張って下さい。

外壁塗装を行うときに気をつけたいこと

住宅の外壁は常に外にさらされているので、傷みや損傷が発生しやすい部分です。それに加えて外壁の傷みや損傷は見た目の印象も良くないため、外壁塗装により修復することが必要となります。
上尾市にマイホームを持っている方でも、外壁塗装を行う機会はそう何度もある事ではないので、しっかりと準備をしておきたいものです。外壁塗装を行う際に気をつけたいのは、信頼できる業者に作業を行ってもらわなければならないことです。いったん外壁塗装作業が始まってしまうと、万が一手抜きや不正が行われていても知識のない人には全くわかりません。実際に塗料を塗る回数を省略する、使用する塗料を安価な物に変更するなど悪質な業者によるトラブルが発生していますが、これらは業者を選択する際に注意を払っていれば防げたことです。
典型的な悪質業者は自宅に突然押しかけてきて外壁塗装の勧誘をしたり、「今なら100万円かかるところを50万円でお引き受けします」といったように過剰な値引きをして契約を迫るケースが多いので注意しましょう。
また口約束だけで見積書を提示しない業者や、外壁塗装工事一式でいくらというように一式の金額しか提示しない業者も要注意です。大切なのは外壁塗装を業者任せにせず、依頼する側も工事に対する理解を深めておくことです。そのことは業者の手抜きや不正を見抜くのに役立ちます。

関連サイトリンク

外壁塗装を上尾市で依頼するならこちらの業者が安心です「低コスト・リフォーム研究会」
TOPへ